所詮、一人の女である。