客室乗務員は、自分自身の価値を解っている。