交際クラブ業界ニュース

【続報】ラスベガス売春斡旋組織が逮捕。交際クラブ運営者の素顔

交際クラブ業界ニュース 2024年2月19日 27views

https://www.jprime.jp/articles/-/30896

【引用元】週刊女性プライムより

交際クラブの運営者も関わっていたとされる、

アメリカでは、コールガールとして有名ではあるが、そもそもコールガールとは、

そして日本においては、1999年3月までは、日本国外でのコールガールに該当する営業は禁止されていたとされています。
1999年4月に施行された改正風営法により、当該業種の営業が届出対象となり合法化され、多くのデリバリーヘルスが営業を開始しました。
風俗の中にも歴史があるのは周知の事実ではありますが、実際になぜ日本人を呼んでまで性欲を満たしたいのか?が疑問になるでしょう。

パパ活を行う上でも、こういった案件はないとは言い切れないです。
交際クラブのなかでも海外進出をしている交際クラブも存在します。
英語の喋れるスタッフも必要ですが、まず日本の女性の中でも必要なのがフットワークの軽さでしょう。

海外に行くってことになっても全て持ってくれるとはいえ、時間がない女性ばかり。
フリーターやフリーの方ではないと無理でしょう。
ブームが過ぎ去っている芸能関係の女性も可能かもしれません

そういった女性をアデントをするのが「手配」されるコーディネーターでしょう。
実情、そういった方の中には届け出を出さずに個人のネットワークで行うということもありえます。

今回の事件はどこの部分に違反されていたのかをもっと具体的に見るためには、じっくりと公判を解析するしかないようです。
上記の記事は、この交際クラブオーナーの生い立ちに迫っています。

交際クラブ協会代表理事 田嶋陽平