パパ活関連論文

【論文】鵜飼 孝造氏著 『パパ活の実態 ―パパ活女子の学習と動機付け―』

  • パパ活関連論文
  • 2024年4月15日
  • 19views

著者名
同支社大学 鵜飼 孝造氏

論文題名
パパ活の実態 ―パパ活女子の学習と動機付け―

論文概要
近年、肉体関係を持つことを前提とする援助交際に代わって、パパとプラトニックな関係を前提にお食事やお酒を楽しむ「パパ活」や「ギャラ飲み」サービスが流行している。
本研究では、パパ活の実態を探るべく、ベッカーの「逸脱キャリア概念」を用いて、4名のパパ活女子へのインタビューを通じてパパ活女子の分析を行った。はじめに、逸脱の定義を述べたのち、数名へのパパ活のイメージに関するインタビュー調査を通して、「パパ活の逸脱性」についてまとめた。その後に、4名のパパ活女子へのインタビューを通して、「普通の女の子」から「パパ活女子」に変容していく経緯を分析した。
調査の結果、パパ活を始めた初回に対する前向きな意味づけが、継続への動機づけとして作用し、学習を通して、「パパ活女子」としての振る舞いを覚えることが分かった。また、プラトニックな関係が前提だが、実際には性行為の横行やルールが確立しておらず多くの解決が困難なトラブルが発生していることから、パパ活は「安全」なビジネスとは言い難い。

論文掲載リンク
http://ssgpdb.doshisha.ac.jp/graduation_thesis_db/default/view/id/5842/detail/%E3%83%91%E3%83%91%E6%B4%BB/page/1https://www.jstage.jst.go.jp/article/ssi/8/3/8_97/_pdf

引用元
同志社大学社会学部 卒業論文DB