パパ活関連論文

【論文】松本 妃奈子氏『現代日本における「パパ活」の進展と性の非対称性の検討 ―イアン・ハッキング Grade of commitment 適用の試み―』

パパ活関連論文 2024年2月16日 84views

著者名
松本 妃奈子氏

論文題名
現代日本における「パパ活」の進展と性の非対称性の検討 ―イアン・ハッキング Grade of commitment 適用の試み―

論文概要
現代の日本における「パパ活」という現象に焦点を当て、性の非対称性という視点から分析します。イアン・ハッキングの「Grade of commitment」理論を適用し、パパ活における関係の特性と参加者のコミットメントの程度を検証します。その結果、パパ活は性的な非対称性に基づいており、参加者の間で異なるコミットメントのレベルが存在することが示唆されます。

論文掲載リンク
https://opac.ll.chiba-u.jp/da/curator/109505/361-p034.pdf

引用元
千葉大学大学院人文公共学府研究プロジェクト