優良倶楽部 認定マーク

新潟県知事が指し示す出会い系アプリと交際倶楽部

  • 交際クラブ業界ニュース
  • 2018年4月19日

長谷です。

凄いですね。新潟県知事のニュース。
米山氏が利用していたのは、ハッピーメールだそうでしたね。
大手出会い系サイトとして名を馳せた「ハッピーメール」ですが、いろんなアプリにも広告を出稿しているので、多くの人が登録しているみたいですね。
やはり簡単に出会えるというところと、ネームバリューでしょう。

パパ活をしている女性も
「最初出会いのアプリを使っていたけど怖くて、交際クラブに」
というような話を聞いたことがあります。
大体が、ワクワク・PCMAXそして、ハッピーメールです。
大手の出会い系ですが、過去には売買春の温床だと言われていたほどです。
それが形代わり、スマホの時代になり、パパ活と形を変えて更に膨大な登録数になったという経緯を聞いたことがあります。

 

さて、今回の米山氏はどうして交際クラブの存在を知り得なかったのか?
そういう風に思えてきました。
元スタッフとして言うならば、交際クラブでの出会いのほうが絶対的にマシなのじゃないかと。
じゃあ交際クラブにリークするような女性はいるのか?いないのか?というと解りませんけれど。
そこは倶楽部側と女性との信頼関係、男性と倶楽部側との信頼関係なんじゃないかと思います。

完全放置の出会いアプリなんかよりも、交際クラブの方が安全性もあるんじゃないかと感じたのはスタッフであれば思うでしょう。
交際倶楽部であればそれなりに責任をもった対応をしてくれます。
アプリで言えば、確実に「勝手にやっとけ」という放置なのです。

今回の新潟県知事の米山氏の事件で、多くの交際クラブのブロガーさんも同様の内容を書いていらっしゃいます。
(交際クラブに登録している男性会員・女性会員さんのブログをまとめていこうと思います。)
アプリよりも交際クラブの安全が保証されれば、富裕層の男性も安心するのじゃないかと思います。

 

健全な交際倶楽部が増えますように…

 

長谷 佳史