優良倶楽部 認定マーク

長谷君、俺の会社に来ない?

  • 交際クラブ業界ニュース
  • 2018年3月13日

何故か誘われます。

口が上手いからでしょうか?

ハッタリをかます事だったり、男性の気持ちをわかった上で説明しているからでしょうか?
凄く多くの男性の会員様はとても良くしていただいてました。
今の仕事も大変この交際クラブでの養った経験がうまく使われています。

自分としても、この交際クラブでの仕事をして、リッチな男性と接するなんてことなかったのでいい経験になりました。
お金遣いがすごい。
真似なんてしたくもないくらいの使い方。

 

最高ランクの女性をセッティングすれば、交際クラブに20万

そして食事代で…3万

ホテル代で2万

女性に渡すお金で10万

でタクシー代も渡すので2万

計40万近くをたった3時間程度で消滅をさせるということ。

 

長谷の給料くらいを…3時間で溶かす。
そんな事ありえますか?
​実際に21歳の女性に対し支払うのです。

こんなにも景気はいいのか…?だったらもっと日本は活気のある国なはずなのです。
でもまだまだ経済指数は全然あがりません。

 

そうです。

 

リッチな男性は使うところには使って、使いたくないところには使わない。
そのリッチな人間が考える経済の縮図がまさに交際クラブなのではないでしょうか?
女性に投資をすることになるんです。

長谷は何度も幾度となく、ある男性の会員から

「君、僕の会社にこないかね?」

と会うたびに誘う男性がいました。

正直、どうしてだろう?と思うほど。
(蓋を空けてみるとただの「雇われ社長」という意味での雇用をしたいとのことでしたが)

それはどうせ名義がほしいくらいの程度です。
お金があれば何でも●●る。
そういう感覚だから、人を誘いたくなるのでしょうか?

なにはともあれ、今は全然違う仕事をしていますが、中にはこういった交際クラブであった会員と親しくなり、仕事をしている人間がいるんでしょう。
そんなお話でした。

 

長谷